全身脱毛した後はしっかりとしたスキンケアが必要

全身脱毛後、スキンケアをきちんと行うかどうかで肌の状態はかなり変わってきます。

きちんとアフターケアをしないと肌の老化を促進する事になるので、ここでは全身脱毛後のスキンケアの重要性について説明していきます。

施術後のお肌の状態

脱毛サロン、脱毛クリニックのどちらで全身脱毛の施術を受けた場合でも、施術後の肌は乾燥した状態です。

その理由は施術に使用する脱毛機器により、肌の水分が失われてしまいます。

また、見た目では分かりませんが、施術後の肌は乾燥して、バリア機能が低下しています。

だからしっかりとスキンケアを行い、肌の状態を整えるようにしましょう。

肌のバリア機能の低下はいいことではありませんが、すぐに保湿ケアをすれば潤いが皮膚に浸透しやすいという利点もあると言えます。

実際にサロン、クリニックでは脱毛の施術後に、必ず保湿ケアを行います。

ですが、それだけでは十分ではないので自宅でのケアも必要です。

保湿はサロン、クリニックでもらった保湿剤を使用しても問題ありません。

もしくは普段から使用している化粧水や乳液でもOKです。

施術後のスキンケア方法

サロンからも説明がありますが、脱毛当日は肌が敏感となっているので出来るだけ刺激を与えないようにして下さい。

当日の入浴は、ぬるめのお湯を浴びる程度にしておくことがポイントです。

その訳は体を温めると毛穴が開き、炎症を起こすリスクがあるからです。

さらに、肌が熱を持っている場合は冷やすようにしましょう。

ただ冷やし過ぎると毛根に与えたダメージを、緩和して脱毛効果が低下する場合があるので冷やし過ぎには注意して下さい。

自宅でスキンケアをする際には、刺激が少ない基礎化粧品を使用しましょう。

肌が敏感な状態になっているので、いつもは使わない化粧品を使用すると肌荒れを起こすリスクがあります。

いつも使用している化粧品に不安がある場合は肌の刺激になるアルコール、メントールが配合されていない敏感肌用の化粧品を使って下さい。

自宅でのスキンケアは

全身脱毛後は肌が乾燥してバリア機能が低下しています。

そのままの状態で放置すると、肌の老化を促進するので、しっかりと自宅でスキンケアを行うことが重要です。

その際、普段使用している基礎化粧品を使い、しっかりと保湿ケアを行いましょう。

スキンケアが重要

全身脱毛の施術をするとムダ毛がなくなり肌がキレイになります。

ですが、これで油断してはいけません。

施術をしただけでつるつるの肌が手に入れられると考えるのは早計です。

全身脱毛後にキレイな肌になりたいのなら、そして、キレイな肌を継続させるためには、しっかりとアフターケアをすることが重要です。

脱毛でムダ毛を減らすことは可能ですが、スキンケアをきちんとしないと脱毛によりダメージを受けた肌は乾燥肌になってしまいます。

そして肌トラブルの原因となり肌の老化を促進します。

だからそんな事にならない様にきちんとスキンケアをすることが大切です。

乳酸菌を意識した食生活が健康にはとても良い

人の健康に対してさまざまな良いはたらきをしてくれるのが、乳酸菌ですよね。

美容やダイエットはもちろんそうですが、やはり「健康に良い」というのが多くの人の共通認識となりつつあります。

ですが「乳酸菌が健康に良さそうのは知っているけれど、具体的にどう健康に良いの」と、疑問を抱いている人も少なくないでしょう。

そこで、乳酸菌のはたらきによる健康に対するメリットを、これから紹介していきましょう!

乳酸菌が口内環境を良くしてくれる

乳酸菌のはたらきにおいて最近注目されてきているのが、口内環境を整えてくれる点です。

歯の健康、あるいは歯ぐきの健康を守ることは、病気予防においてとても大事だと知っていますか?虫歯や歯周病を侮るなかれ、それらを放置しておくことのリスクは実はとても大きいんですよ。

そんな口内環境の悪化を少しでも防ぎたければ、乳酸菌のはたらきに期待しましょう!

乳酸菌をとることにより、歯磨きでは行き届かないようなところまでキレイにしていることが見込めますよ。

歯磨きはいくらパーフェクトを目指したとしても、どうしても磨き残しがあるものですよね。

それは避けられないことですが、そんな時こそ乳酸菌のはたらきに注目です。

乳酸菌が口内環境をしっかり整えてくれば、虫歯や歯周病のリスクをしっかり減らしてくれるでしょう。

腸内のバランスを良くして便秘や下痢を予防

お腹のトラブルは、是が非でも避けたいところでしょう。

仕事をするにしても家事をするにしても、お腹が気になっていたのではままなりませんよね。

そこで頼りになるのが乳酸菌です。

乳酸菌をコンスタントにとり続けて腸内のバランスを良くできれば、便秘や下痢に悩まされる頻度を少なくすることが見込めますよ!

いつも腸の調子が悪くて仕事や家事に集中できない、それでは困ってしまいますよね・・・。

そんな時は乳酸菌をできるだけ意識してとるようにし、腸内のバランスが正常になるように心がけていきましょう。

乳酸菌が多い食べ物とは

乳酸菌をとるためには、ヨーグルトやぬか漬けのような発酵系の食品がやはりおすすめですよ!また、それら以外なら、乳酸菌を含むサプリやドリンクに頼るのも良いでしょう。

普段の食生活の中にそれらを取り入れれば、健康的な生活を送れます。

まとめ

今は誰もが多かれ少なかれ健康対策を行っているものですが、その中でも取り組みやすいのが乳酸菌による健康対策でしょう。

乳酸菌は比較的身近な食品に多く含まれていますし、サプリやドリングでもとれますよね。

乳酸菌のはたらきによる体への好影響は多々ありますし、しっかり意識していきましょうね。

※乳酸菌サプリおすすめランキング:nyusankin-supplement-report.jp

ニキビ跡はプラセンタで無くせるって本当?

ニキビというのはホルモンのバランスや食生活、生活習慣などが影響して出てくることがあります。

ニキビができると赤みがひどくなるし、痛みが出ることも!またひどくなると治った跡だけが残ってしまうこともあります。

どんなに注意していても出てくるニキビ、そして後まで残るニキビ跡。

そんな悩みをプラセンタで解消することはできるのでしょうか。

赤みを帯びたニキビ跡、黒ずんだニキビ跡はなぜ残る?

ニキビができた肌というのはとても敏感になっています。

ニキビが改善したと思っても赤みが残っているというのは、まだ炎症が残っていることを意味します。

また傷ついた肌に紫外線、炎症などの刺激が加わると、メラニン色素が活性化し、ニキビ跡が黒く色素沈着することもあるのですね。

そのためニキビができた時にも、そして改善した後にもケアしてあげることが大切なのです。

プラセンタの効果は新陳代謝!ニキビ跡にも効果あり?

プラセンタは動物の胎盤を原料としています。

胎盤は赤ちゃんを成長させるために重要な働きをするもの。

そのためプラセンタを摂取すると、新しい細胞を作ったり、新陳代謝を高めてくれるという効果を期待することができるのです。

ニキビ跡は炎症を起こしていたり、色素沈着を起こしているといいました。

そのためそれを改善してあげることが大切です。

そこでプラセンタを摂取すると、ホルモンのバランスを整えてくれますし、肌の自然な治癒力を高めることが期待できるのですね。

また色素沈着してニキビ跡として残った部分も、新陳代謝が活発になることによって、自然と新しい肌に生まれ変わり、ニキビ跡を薄くすることが期待できるのです。

ニキビ跡を改善するためには、生活習慣を改める+プラセンタで!

上記ではプラセンタのニキビ跡に対する効果を見てきましたが、すべてをプラセンタだけに頼ってはいけません。

大切なのは、自分自身の生活習慣を改め、ホルモンバランスを整えること。

そしてニキビのできにくい肌を目指すことが大切です。

それでもどうしても出来てしまうニキビに対してはしっかりとケアしてあげることが大切です。

プラセンタを摂取すると、ホルモンバランスが整うことが期待できるので、ニキビのできにくい環境を目指すこともできます。

万が一ニキビができても、しっかりケアをしてプラセンタを摂取していれば、新陳代謝を高めニキビ跡を残さず改善させることを目指すことも可能でしょう。

朝のスキンケアはお肌の基本!お肌を守る為に朝はスキンケアをしよう

スキンケアは夜だけじゃなく朝も必要!

これはスキンケアの基本ですが、なぜ朝にもスキンケアが必要なのかわからないという人も多いんじゃないでしょうか。

何かと忙しい朝、スキンケアをしなくて済むならしたくないと思ってしまうのは当然ですよね。

しかし、朝にスキンケアが必要なのは、ちゃんとした理由があるんですよ。

朝にスキンケアが必須の理由とは

朝にスキンケアが必要な理由、それには以下の二つの理由があるんです。

皮脂を洗い落とす必要がある

夜眠っている時でも、汗は出続けているし皮脂は分泌され続けています。

この皮脂をちゃんと洗い落とさないと、肌のバリア機能が低下してしまうんです。

また、皮脂が残っているとメイクのノリも悪くなるので、メイクの持ちが悪くなったり、崩れやすくなってしまうんです。

つまり、お肌を守る為にも、メイクを長持ちさせる為にも、洗顔をして朝のスキンケアをするのは大事なんですね。

お肌に水分を与えないと肌トラブルの原因に

寝ている時でも、お肌の水分はどんどん減っていってしまいます。

朝起きてもスキンケアをせずにいると、お肌が乾燥してしまい、その結果お肌のバリア機能が低下してしまって肌トラブルを呼び寄せてしまうんですね。

その為、毎朝スキンケアをしてお肌を保湿するのは大事なんです。

また、お肌の乾燥はメイク崩れの原因にもなりますよね。

朝にスキンケアをしなかった場合、お肌がダメージに弱い状態のまま一日を過ごさなくちゃいけなくなるので、お肌が危険なんです。

朝のスキンケアは何をすればいい?

朝のスキンケアが重要だとわかってくれましたか?

お肌に大事な朝のスキンケア、具体的に何をすればいいのかわからないという人へ、順番をご紹介します。

まずは洗顔から

朝のスキンケアに、洗顔は必須!

寝てる時に分泌された皮脂を綺麗に洗い落とす為に、まずは洗顔から始めましょう。

やり方は夜の洗顔と同じで大丈夫です。

朝のスキンケアを全部やるのはめんどくさいという人でも、洗顔だけは必ずしてくださいね。

化粧水で保湿をしよう

洗顔でお肌を綺麗にしたら、次は乾燥したお肌に水分を与えましょう。

化粧水を使って、保湿を行います。

化粧水がお肌に浸透しやすいように、温かい手で優しく顔を覆うようにつけるのがおすすめですよ。

乳液でお肌に蓋をしよう

ただ化粧水をつけただけじゃ、お肌の保湿は長持ちしません。

その上に蓋をして、お肌の潤いをしっかりと閉じ込めるのが大事なんです。

化粧水の後に乳液をつければお肌の水分を逃さずに済むので、必ず化粧水の後は乳液を使いましょう。

めんどくさい人はオールインワンを使おう!

いちいち化粧水と乳液を別につけていくのはめんどくさい!

そんな人は、オールインワン商品を使いましょう。

オールインワンは化粧水・乳液・美容液の効果を一つにまとめているので、これを使うだけでスキンケアの手間を大幅に短縮する事が出来ます。

朝は何かと忙しく時間がない人は、オールインワン商品を使うのがおすすめですよ。

毎朝必ずスキンケアをしよう!

スキンケアを夜だけじゃなく、朝にもする必要がある理由、わかって頂けたでしょうか?

お肌をダメージから守る為に、メイク崩れを防ぐためにも、朝のスキンケアは大事なんです。

めんどくさいからとスキンケアを疎かにせずに、必ず朝起きたら洗顔からのスキンケアを始めましょう!

基礎化粧品を使ってスキンケアをする際の正しい順番を紹介

スキンケアをする際に化粧水、乳液、美容液、クリームといった基礎化粧品は実は使う順番が非常に需要になってきます。

正しい手順で使用しないと効果が半減してしまうので基礎化粧品を使用する正しい順番をきちんと知っておくことが大切です。

スキンケアの順番

まずスキンケアの正しい順番は、化粧水、美容液、乳液、クリームの順番で使用するようにしましょう。

洗顔後に化粧水を肌に塗ってきちんと保湿した後で美容液により気になる場所に美容成分を追加で補給していきます。

さらに乳液とクリームを使用することで肌の水分が蒸発するのを防いでくれます。

基本的にはこの順番でいいのですがメーカーによっては美容液より乳液を先に使用して美容液で水分を閉じ込めるといった役目を担っている商品も存在します。

つまり配合成分によって多少順番が前後する場合があるので商品ごとに使用方法の手順を確認した上で肌につけるようにして下さい。

基礎化粧品の役割

まず化粧水の役割から説明すると洗顔により失われた肌の保湿成分を補給することが出来ます。

化粧水を肌に塗ることで角質層をきちんと保湿することが出来、その後に使用する基礎化粧品を効率をアップさせることが可能です。

化粧水を使用しない美容方法も存在しますが化粧水を洗顔後に塗らないと肌は乾燥してしまい肌トラブルの原因となるので洗顔後は必ず化粧水を使用するようにして下さい。

美容液の役割はシミ、たるみといった肌トラブルに対して有効成分を補給することが出来ます。

美容液は美白、保湿を目的としていて自分の目的に合ったモノを選ぶことが重要です。

化粧水だけではケアしきれない所を集中ケアする為のモノで、スキンケアのアイテムを出来るだけ減らしたい場合は化粧水や乳液ではなく美容液を省くことをお勧めします。

乳液は肌の水分、油分を補給する役割があります。

乳液には油分が含まれているのが特徴で化粧水や美容液により補給した水分の蒸発を防いでくれます。

そして乳液よりさらに油分の配合を多くしたのがクリームで、こちらも肌の水分の蒸発を防ぐ役割を担っています。

さらに油分が多いことから肌をバリアする働きがあるのが特徴です。

まとめ

基礎化粧品を使用してスキンケアをする場合は使う順番が重要と言えます。

まず化粧水で肌を保湿し、さらに化粧水で足りない部分には美容液でカバーします。

それから乳液を使用することで肌が水分を蒸発するのを防いでくれますし、その後にクリームを塗ることで肌をバリアしてくれます。